95点を超えるためのカラオケ練習法講座-安定性・ロングトーン、リズム編-

カラオケ講座

昨日に引き続き、カラオケ練習法講座だ。

今回は、細かい技術要素をまとめて解説していこう。

前回の最後に書いた通り、ここを練習すれば一気に伸びるという項目ではない

しかし、無駄な減点を減らすためには重要な箇所であり、100点を狙う場合には必須だ。

それだけでなく、95点の場合でも取りやすくなるので、練習して損はない

スポンサーリンク

前提と前回の復習

まず、前提事項があるので、先にそちらをご覧いただきたい。

95点を超えるためのカラオケ練習法講座-前提編- | Shino’s Mind Archive

そして、前回の復習だ。

前回は、音程正解率を上げるための練習法を解説した。

まとめを再掲すると以下の通り。

  • 歌っているときは音程バーをガン見する
  • 自信満々に歌う
  • 録音して聞いてみる
  • 自分の喉を楽器として扱う

目で見て音程のずれが分かるので、それを使って修正するのが一番早い。

感覚に頼るのではなく、しっかり声を操っていこう。

95点を超えるためのカラオケ練習法講座-音程正解率編- | Shino’s Mind Archive

安定性・ロングトーン、リズム

リズムはなんとなくわかると思うが、安定性ロングトーンとは何ぞやと思われるだろう。

まずは、そこをはっきりさせておこう。

安定性とは、真っすぐ伸ばせているかどうかが判定される。

ビブラートになっていない震えや息の掠れなどがあると減点されてしまう。

ロングトーンは、正しい音程で伸ばせているかどうかが判定される。

安定性と似ているが、とにかく正しい音程で真っすぐ伸ばすことができれば、両方クリアだ。

念のためリズムも解説しておこう。

リズムは、曲にあったタイミングで歌えているかが判定ポイントになる。

なお、後ろに少しだけずれる分にはそこまで大きく減点されることはないが、前にずれてしまうと大幅な減点となる。

それでは、練習方法に入っていこう。

安定性・ロングトーンの練習方法

これは、とにかく正しい音程で真っすぐ伸ばせればよかった

そして、正しい音程は、前回の音程正解率で賄える。

というわけで、伸ばすところの前でしっかり息を吸って自信を持って発声するようにしよう。

これを意識するだけでかなり変わる

息が足りない、あるいは自信がない声が不安定になり、揺れやすい

そういったことを極力避けていくようにしよう。

曲によって、どこで息継ぎをするか事前に決めてしまうのも手だ。

そもそも人が歌っているのだから、それに合わせて息継ぎをするのが一番自然になると思う。

…が、プロは肺活量もすごいので、自分で決めてしまっても構わない

とにかく、自分で無理なく発声しきれるポイントで息継ぎを入れていこう

なお、後半で解説するビブラートが判定されるとこれらの項目は見られなくなる

そのため、基本的に伸ばすところはビブラートをかけ、2~3か所だけ真っすぐ伸ばすとすればOKだ。

ちなみに、この安定性・ロングトーン、そしてビブラートもそうなのだが、長さは見られない

純粋に上手さだけで評価されるので、そこまで無理に入れる必要もない。

リズムの練習方法

慣れるまではなかなか難しいと感じる人もいるだろう項目だ。

最初は、他の内容を全て忘れひたすら流れている曲を聴きそれに合わせて声を出す

慣れてきたら、しっかり音程やロングトーン等も意識していく、という流れになる。

どうしてもずれてしまうという方は、いっそのことマイク音量をゼロにしてしまうのも手だ。

また、DAMではガイドメロディを流すこともできる。

それを聞きながら、合わせていく意識を常に持つようにしよう。

更に、前回書いた録音も非常に有効だ。

タイミングがずれていると、聞けば一発でわかる

何度か繰り返し、同じずれ方をしていればそこに意識を向ける

この場合は間違って覚えてしまっているので、元の曲を繰り返し聞くのもいいだろう。

毎回違うずれ方をしていれば、更に流れている曲に意識を向ける

こちらはそもそものリズム感を鍛えるために、練習を積み重ねていきたい。

こんな形で、ずれ方によって意識するポイントを変えていこう

リズムに関しては、一回練習すればどんな曲でも大体ずれなくなる

最初一回の辛抱なので、早めにマスターしてもらいたい。

採点における立ち位置

今回解説した項目は、何度かすでに書いているが、無駄な減点を避けるためのもの。

その点数もそこまで大きくないので、90点を目指すような場合には恐らく不要だろう。

しかし、95点以上狙う場合にはあった方がよく100点なんかは必須になる。

実際、私も100点を出す際に最後まで足りなかったのが、安定性だ。

地味でなかなか練習しづらいというのも事実なのだが、一線を越えるためには是非身に付けておきたい。

まとめ:安定性・ロングトーン、リズム

今回は、三つの技術要素についてまとめて解説してきた。

安定性・ロングトーン伸ばすところで真っすぐ、正しく伸ばすために息継ぎをしっかりして、自信を持って歌うこと。

リズム曲をしっかり聴きそれに合わせて声を出すことが重要になる。

なお、安定性・ロングトーンは人によって歌い方まで変えなければいけない場合がある。

98点くらい取れるようになってからそれをしてしまうと遠回りになってしまうので、早めに対処してしまおう

次回は、私が最も苦労した表現力について解説していこう。

あ、苦労したのは伸ばし方が分からなかったからなので、実際やることは簡単だ。

しかも、前提編で例外を一つ除いて即効性はないと書いた。

その例外が、この表現力…厳密には、その中の抑揚になる。

ここだけは一日で数点伸びる場合もあるので、是非活用してもらいたい。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました