95点を超えるためのカラオケ練習法講座-表現力編-

カラオケ講座

精密採点DX-Gの採点項目で、音程の次に重要となる表現力

私は、ここが一番上がりづらく、最後まで苦労した

しかし、どうやって上げるか分かってしまえば最も簡単な箇所でもある。

今回は、その表現力の上げ方をお伝えしよう。

なお、目安として音程正解率が90%越していれば、ここをマスターすることで95点も射程圏内になる。

是非、目指してみて欲しい。

スポンサーリンク

前提と前回の復習

本講座には前提事項がある。

まだ見ていない方は、そちらからご覧いただきたい。

95点を超えるためのカラオケ練習法講座-前提編- | Shino’s Mind Archive

そして、前回の復習をしておこう。

前回は、安定性・ロングトーンリズムといった、細かい技術要素を解説した。

95点を超えるためのカラオケ練習法講座-安定性・ロングトーン、リズム編- | Shino’s Mind Archive

安定性・ロングトーン伸ばす箇所の前でしっかり息を確保しておき、真っすぐ、正しい音程で伸ばす

リズムしっかり曲を聴き、最悪マイク音量をゼロにして合わせることが重要だった。

また、録音することでずれている個所がはっきりするので、それもやってみて欲しい。

これらは減点を減らすためのものだが、身に付けておいて損はない。

表現力の内訳

まず、一口に表現力といってもいくつかの要素から構成されている。

以下の4要素だ。

  • 抑揚
  • しゃくり
  • こぶし
  • フォール

採点時には、抑揚のみ点数で表示され、その他は回数となる。

抑揚

抑揚は、そのまま強弱がついているかどうか

だが、曲を通して強い箇所と弱い箇所があるかどうかではない

採点を入れて歌っていると、音程バーの右下に演奏区間が表示されていることはご存じだろうか。

1曲を6分割して、その中で今どの区間かが表示されている。

で、抑揚この6区間それぞれで強弱が付けられているか、というのが採点基準になる。

つまり、ただサビだけ大きく、それ以外弱くではないのだ。

これを知らないと、なかなか抑揚の点数が上がらないという状態に陥ってしまう。

では、どうすればいいか。簡単だ。

6区間それぞれで、以下2つをやればいいだけ。

  • マイクを口元ギリギリまで近づけて歌う
  • マイクを音が入るギリギリまで遠ざけて歌う

そう、これだけだ。

要するに、6区間それぞれで、無理やり強弱をつけてやればいい

これだけで、人によっては総合得点が3点くらい上がる。私がそうだった。

本講座全体を通して、唯一の即効性がある方法なので、是非やってみて欲しい。

ここで三つポイントを。

一つ目、遠ざけるときの距離

当然なのだが、マイクに声が入らなくなってしまっては元も子もない

そのため、どの程度まで離していいかは見極めておくようにしよう。

二つ目、マイクを動かすスピード

近づけたり遠ざけたりするときにゆっくりやってしまうと、安定性・ロングトーンに悪影響が出てしまう

そのため、息継ぎのタイミング等で一瞬にして動かすようにしよう。

影響が出る理由として考えられるのは周波数の問題だが、物理の話になってしまうので詳細は避けよう。

三つ目、どこで近づけたり遠ざけたりするか

これを歌うごとに考えるのも面倒なので、自分の中で決まりを作ってしまうのが早い。

面倒なら、表示されるテロップの前半は遠ざけて後半は近づけてとかでも大丈夫。

しゃくり

しゃくりとは、本来の音程より低い音から出し、本来の音程に引き上げる技術

演歌によく使われているイメージがある。

で、上にも書いた通り回数が判定基準となる。

一曲中で最低でも15回、できれば30回以上あるといい。

この練習方法としては、上手い人の歌い方を真似するのが効果的だ。

ちょっと古いが、ぱっと思いつくものだとジェロの「海雪」や北島三郎の「詠人」なんかがいいだろう。

この2曲は次回のビブラートの練習にも使えるので、もしよかったら歌えるようにしておくといい。

あ、もちろんだが他の曲でも構わない

こぶし

こぶしは、一瞬だけ音程を変化させる技術

これは普通に歌うだけでそこそこ入るので、あんまり気にしなくていい。

どれだけやっても一切入らないという場合だけ、ちょっと練習すればいいだろう。

そうでなければ、無理に練習する必要はない項目だ。

フォール

フォールは、その名の通り最後に音を落ちるように下げていく技術

これも気にする必要はない

こちらは一切入らなくても、高得点は十分狙える

今回の技術要素の共通した練習方法

抑揚は上に書いた通りマイクの距離を練習すればいい

その他の3つの技術要素に関しては、共通の練習方法がある。

しゃくりの中にも書いたが、上手い人の歌い方を真似するのが一番早い。

そして、慣れてきたら意図的に狙って入れてみる

そうすると、そのうち勝手にそれらを入れる歌い方になっているはずだ。

100点を目指す場合には、そこまで持っていこう。

理由は、歌っている時は音程ビブラート以外は無意識レベルにしておきたいから。

音程は常に気を付ける必要があり、ビブラートも(私が苦手だからかもしれないが)かなり神経がいる

それ以上は意識をなかなか向けられないので、自動化してしまおう。

まとめ:表現力

今回は表現力を上げるための方法を解説した。

抑揚は、マイクを近づけたり離したりするだけでOK、ただし6区間それぞれで行うこと。

技術要素は、上手い人の歌い方を真似して練習するのが近道だ。

高得点を狙う場合には、それを自分の歌い方にしてしまおう。

次回は、最後のビブラートになる。

…本文中さらっと書いたが、私は現時点ではこのビブラートが一番苦手だ。

練習中の段階だが、それでもある程度の練習で十分伸びる項目になる。

そして、そこまでしっかり練習すれば95点安定も十分目指せるようになるだろう。

最後もうひと踏ん張り、頑張ってほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました