【実体験】うつで休職する前にやっておきたい5つの具体的行動

雑記系

気分が落ち込んでしまい、それが体調に現れている。

うつで業務に支障をきたしているので、休職したい。

でも、何をすればいいのか…

今回は、そんな休職前に私がやったことから、
これはやっておきたいというものを5つ紹介しよう。

先にポイントを書いてしまうと、三つある。

  • 本当にうつか確認しておく(行動1)
  • 休むための手続きをする(行動2)
  • 休んでからの精神的負担を減らす(行動3~5)

もしかしたら状況によって詳細が変わるかもしれないが、
このポイントは共通しているはずだ。

状況に合わせて調整しながら進めて欲しい。

それでは、早速内容に入っていこう。

スポンサーリンク

行動1:他の病気でないか診察を受ける

元々うつだという診断を受けているのであれば、
ここはスキップしてもらって構わない。

だが、まだ受けていないのであれば、これをやっておこう。

自分はうつだと思っていても、
実は別の病気だったなんてことになったら大変だ。

だから、他に考えられる病気の診察を受けて、確定させよう

例えば、私の場合は症状として頭痛不眠がひどかった。

そのため、最悪脳に異常があるのではと思い、
脳神経科を受診し、MRIを取った。

結果、そこで異常が見られなかったので、
精神科を受診し、そこでうつと診断された。

ここは症状によって何科を受けるか変わると思うので、
自分で調べてみよう。

行動2:休むための手続きを確認し、やっておく

休職をするためには必ず手続きがあるはずだ。

そのために何が必要かを確認して進めておく必要がある。

また、このときに上司にも相談するはず。

上司に対応をお願いする部分もあるからだ。

よほどひどい人でない限り協力してくれるはずなので、
しっかりと相談しておこう。

…私の場合は、逆に上司から休んだ方がいいと言われ、
休職を決心した。

行動3:持っている仕事があれば引き継ぐ

今進めている案件や、
普段から作業的に行っている仕事があると思う。

これらも他の人に引き継がなければいけない

一個上で上司に相談するはずなので、
そこで一緒にどうするか話しておこう。

何を、誰に、いつ、どんな形で引き継ぐか。

あるいは、分からなくなったときに誰に聞けばいいか
一緒に伝えておくといい。

当たり前だが、
休職中に確認の連絡が来るようなことは避けたい。

いきなり会社からの連絡が来ると、
かなり精神的な負担が大きい。

そのため、漏れがないかもしっかり確認しておこう

行動4:休んでからの手続きを確認しておく

ここもかなり重要だ。

休職に入ってしまうと、こういった会社の内部情報は
誰かに頼まないと確認できなくなる

そのため、必要な情報は先に確認して、
メモしておくなりしておこう。

最低限、以下の内容は確認しておきたい。

  • いつまで休職できるか
  • 定期的にすることは何か
    • 診断書の提出頻度・提出先
    • 状況連絡の頻度・連絡先
    • 傷病手当金のタイミング・書類の提出先
  • 復職するときにすることは何か

特に重要なのが、
定期的に行う診断書の提出傷病手当金の申請関連。

休職するためには医師が書く診断書が必要で、
これには期間を書いてもらう。

その期間をどのくらいにするのかや、
どこに提出するかを確認しなければならない。

また、傷病手当金は会社によっては
こちらから聞かないといけない場合がある。

本来入るはずの給料が入らなくなり、
金銭面ではこれが頼りになるので、
確実に受け取れるようしっかり確認しておこう。

こういった部分をしっかり確認しておかないと、
あれ大丈夫かな…」と心配になり、
これまた負担になってしまう。

最小限やらなきゃいけないことを確実にしておこう。

ちょっとオマケだが、
傷病手当金は最初貰えるまでに結構時間がかかる

そのため、
実際に申請を行うときはできるだけ早めに動こう。

行動5:一人暮らしをやめる準備をする

一人暮らしをしている人は気を付けて欲しい。

休職は、休み始めが一番きつい

休み始めると、いきなり大量の時間が余る状態になる。

そのため、「他の人は頑張ってるのに…」とか、
自分何してんだろ…」とか色々考えてしまうのだ。

家事をするのもかなり難しい状態になってしまうため、
休み始めたら早めに実家などへ戻りたい。

だから、事前に戻れる準備をしておこう。

このときにやっておきたいことは以下の三つ。

  • 親へ相談する
  • 実家近くで受診する精神科の予約を取る
  • 郵便物の転送届を出す

一つ目の親への相談は言うまでもないだろう。

心配させるかも、という気持ちはわかるが、
一番頼れる存在だ。

しっかり相談しておこう。

二つ目、実家から今通っている病院に
通えない場合は必須になる。

このときにポイントがあり、
今通っている病院に紹介状を書いてもらう必要がある。

これを書いてもらったら、
翌日に実家近くの病院へ行くようにしよう。

これには理由があり、傷病手当金に関係する。

東京で今病院Aに通っていて、地元の病院Bへ移る場合。

病院Aで最後に診てもらった日から
病院Bで最初に診てもらう日までの期間は、
傷病手当金が発生しなくなってしまう

恐らく病院からも説明はあるかと思うが、
できるだけこの期間は短くしておこう

最後、郵便物の転送だが、これは実際に戻る数日前に行う。

実家に戻るからといって、住所まで変更する必要はない

その代わり、郵便物が受け取れなくなってしまうので、
e転居というシステムを使う。

公式HPは以下だ。

e転居

これを申請すると、
1年間は申請した先に郵便物を転送してくれるのだ。

ネット上だけで申請が完結するので、
実家へ戻る数日前に申請を出しておこう。

まとめ:しっかり準備して、しっかり休もう

色々とやることが多いとは思うが、
これもしっかりと休むための準備だ。

これをやっておかないと、会社から連絡が来たり、
なかなか休むに休めない状態になってしまう。

もうひと踏ん張りなので、しっかりやっておこう。

最後に、ポイントを再掲しておく。

  • 本当にうつか確認しておく(行動1)
  • 休むための手続きをする(行動2)
  • 休んでからの精神的負担を減らす(行動3~5)

焦ることはないので、
ゆっくり、自分のペースで改善に向かっていこう

コメント

タイトルとURLをコピーしました