めざせ作業効率化!よく使うExcelショートカット21選

紹介系

新入社員の方や大学で研究をしているような方で、
最近Excelを使い始めたという人もいらっしゃると思う。

また、そうでなくとも
なんとなくExcelを使ってるけど、
もうちょっと効率を上げたい、という方。

ショートカットを使っているだろうか。

これを使いこなせると非常に作業が早くなる

今回は、そんなExcelで、
私が実際に使っているショートカット
21個ほど選んでみた。

全て、Excel2016で確認したものだ。

基本的なものばかりなので、是非使ってみて欲しい。

ちなみに、以前Windows版を書いている。

一部そちらと被るものもあるので、
よかったらそちらも参照してほしい。

めざせ作業効率化!よく使うWindowsショートカット19選 | Shino’s Mind Archive

スポンサーリンク

Excelショートカット21個紹介!

先に、一覧で全部見たいという方向け
全て出してしまおう。

なお、21個は今回初めて解説するものとして、
前回のものも含めると26個になる。

表にはそれも含めておこう。

No前回紹介キー1キー2キー3意味
1CtrlZ元に戻す
2CtrlYやり直す
3CtrlX切り取り
4CtrlCコピー
5CtrlV貼り付け
6CtrlS上書き保存
7CtrlA全範囲選択
8Enter一つ下のセルへ移動
貼り付け
9Tab一つ右のセルへ移動
10EnterTab移動後は、Tab移動開始の下セルへ移動
11ShiftEnter一つ上のセルへ移動
12ShiftTab一つ左のセルへ移動
13Shiftカーソル移動範囲選択
14Ctrlカーソル移動カーソルジャンプ
15CtrlEnter複数選択時、入力内容を
選択範囲へ一括入力
16F2(セルにカーソルがあるとき)
編集モードで入力状態に入る
17F2(セルへの入力状態のとき)
編集モード、入力モードの切り替え
18Ctrlスペース列選択
19Shiftスペース行選択
※半角時のみ
20Ctrl+セルの追加
21Ctrlセルの削除
22F4直前の書式設定を貼り付け
23Esc入力キャンセル
24CtrlN新しいExcel起動
25CtrlShiftLフィルター追加/解除
26CtrlF検索

ちょっと曖昧な書き方のものもあるが、
下でしっかり解説するので許してほしい。

というわけで、詳細を見ていこう。

Excel以外でも使える3個

Excelで紹介してしまっているが、
他でも使えるものをまずはご紹介しよう。

三つある。

Ctrl + S : 上書き保存

これは有名だろう。

ファイルを保存したいとき、
Ctrl + Sですぐに上書き保存ができる。

なお、Excelでは使えないが、
これにShiftを追加すると
名前を付けて保存ができるものもある。

Ctrl + A : 全範囲選択

全てを一度に選択したい場合はこれだ。

Ctrl + A全範囲を選択できる。

これも、別のツールでも使えるし、
なんならWindowsのエクスプローラでも
使えたりする。

Ctrl + F : 検索

上の表だといっきに
最後に飛んでしまうが、許して。

これは、検索ウィンドウを立ち上げる
ショートカット
だ。

なお、同じウィンドウにある
置換が結構使えるので、覚えておくといい。

別のツールでも検索は大体同じだが、
置換が別のショートカットになっていたりする

これは、そのツールのショートカットを確認してほしい。

Excel特化の18個

さあ、ここからが本番だ。

18個もあるので、どんどんいこう。

Enter

たかがEnter、されどEnterという感じ。

ふつうの状態だと、
セルの選択を一つ下に移動する

あらかじめ範囲選択をしておくと、
その範囲内でぐるぐる回るように移動する

が、別のセルをコピーや切り取りした状態であれば、
そこに貼り付け
という意味になる。

これで貼り付けたものは
連続して貼り付けることができない
ので、
単に移動したい場合の貼り付けなんかに使えるだろう。

Tab : 一つ右のセルへ移動

Tabキーを押すと、一つ右のセルへ移動する

単純だが、一個次で効力を発揮する

Enter(Tab移動後) : Tab移動開始の下セルへ移動

二つ上と同じくEnterなのだが、
直前にTabで移動していた場合は挙動が変わる

Tabで移動し始めたセルの下に移動するようになるのだ。

例えば、A1からD1までTabで移動した後に
Enterを押すと、今度はA2に移る。

表に一個ずつデータを入力する場合なんかには、
こちらでやった方がスムーズだろう。

Shift + Enter : 一つ上のセルへ移動

EnterShiftがつくと、反対側、
つまり上に移動するようになる。

一個次のものも同じような内容だ。

Shift + Tab : 一つ左のセルへ移動

もうお分かりだと思うが、
Shift + Tab一個左にセルが移動する

ここまでの内容で、
矢印キーを使わなくてもセル移動がある程度自由にできる

Shift + カーソル移動 : 範囲選択

このカーソル移動は、矢印キーのものだ。

Shiftを押しながらカーソルを移動すると、
その範囲を全て選択できる

なお、マウスクリックでも可能で、
元々選択されていたセルからクリックしたセルまで、
四角状に全て選択できる。

Ctrl + カーソル移動 : カーソルジャンプ

カーソルジャンプと書いたが、正式な用語ではない。

これは、入力or入力されてない連続したセルを
すっ飛ばしてカーソルを移動できるのだ。

例えば、A1からA5までデータが入っていて、
A6が空だったとしよう。

そのとき、A1にカーソルを合わせて、
Ctrl + ↓を入力すると、一気にA5まで飛ぶことができる

データ数が多くなってきたときに、
末尾まで飛びたいときなんかに有効だ。

なお、一つ上の範囲選択と併せることも可能だ。

上の例で、移動時にCtrl + Shift + ↓を入力すると、
A1からA5まで一気に選択できる

Ctrl + Enter : 一括入力

これがなかなかに強い。

複数セルを選択した状態で、セルに値を入力する。

その後、このCtrl + Enterを押すと、
選択されたセル全てに、
入力した内容を入れることができるのだ。

…だけならまあ、という感じなのだが、
真に効力を発揮するのが数式だ。

数式は、セルが変わると勝手に
範囲も移動してくれる機能
がついている。

この入力でも、その自動移動が反映されるのだ。

なお、$マークによる固定ももちろん使える。

F2(1) : 入力状態へ切り替え

(1)というのは、F2の一個目という意味だ。

単にセルを選択した状態でこのF2を押すと、
そのセル内に入力できる状態となる

F2(2) : 編集モード、入力モードの切り替え

実は、Excelのセル入力時には
二つのモードがあるのをご存じだろうか。

左下隅に表示されているのだが、
編集入力とある。

編集は、カーソルを移動するとその中で移動できる
いわば通常のテキストエディタのような動き方をする。

一方、入力モードだと、カーソル移動をすると
そのセルへの入力を完了し、選択セルが移動する

この二つを切り替えれるのが、F2なのだ。

覚えておくと地味なイライラが減ると思うので、
覚えておいて欲しい。

Ctrl + スペース : 列選択

あるセルを選択した状態で、このCtrl + スペースを押すと、
選択されたセルの列全てを選択できる

これは、後程解説するセルの追加、削除と
非常に相性がいい

それ以外にも使い道はあるので覚えておこう。

Shift + スペース : 行選択

一個上のCtrlとSpaceを入れ替えれば
今度は行の一括選択になる

ただし、こちらは入力モードが
半角になっていないと使えない

全角だと、セルに半角スペースが入る
だけなので注意しよう。

Ctrl + 「+」 : セルの追加

プラスはShift + 「;」なので、
厳密にはCtrl + Shift + 「;」だろうか。

これは、新しいセルを追加することができる。

通常だと、セルをどの方向にずらすかの
選択肢が出てくるはずだ。

ここで、合わせ技。

上で紹介した列、行の一括選択と組み合わせると、
新しい列、行を追加できる

これもなかなかに使えるので、覚えておこう。

また、先に別の列や行を切り取ったうえでこれをすると、
切り取った内容を移すことができる。

Ctrl + 「-」 : セルの削除

これは、一つ上の反対だ。

今度は、選択したセルを削除することができる。

一個上と同じく、単体を選択した場合は選択肢が出てきて、
列や行を選択している場合はそのままそこが消える。

F4 : 直前の書式設定を貼り付け

F4数式のセル参照固定にも使えるが、
今回はあえてこちらを。

よく、セルに対して書式設定を行うと思う。

例えば、太字にしたり、枠をつけたり。

そういった操作をした直後に、別のセルでF4を押すと、
直前に行った書式設定の動作を繰り返してくれるのだ。

これがなかなかに便利なので、覚えておくといいだろう。

Esc : 入力キャンセル

セルへ入力していたが、やっぱりやめたい…
なんてときに使えるEscキー。

これを押すと、入力前の状態に戻してくれるのだ。

ただ、そこで入力しかけていた内容は
完全に消えてしまうので、そこだけ注意しよう。

Ctrl + N : 新しいExcelの起動

前回も出てきたこのショートカット。

Excelも似たような挙動で、新しいExcelを開いてくれる

いったんデータを別に移しておきたい
場合なんかに使いたい。

Ctrl + Shift + L : フィルターの追加/削除

フィルターというのは、
表状の形式で並んでいるデータを、
並び替えや条件による抜き出しなどが行える機能だ。

かなり便利な機能で、
これをCtrl + Shift + Lで呼び出せる。

解除も同じショートカットだ。

このフィルター機能がかなり強力で、
ショートカット抜きに覚えておいて損はない。

今回詳細な説明はしないが、是非使ってみてほしい。

まとめ:ショートカットで効率化を図ろう!

かなり大量に紹介してしまった。

一度に全て使おうとするのは無理なので、
簡単なものから使っていこう

こういった簡単なショートカットを抑えておくだけで、
かなり作業が早くなると思う。

特に、Excelを使う機会は非常に多い。

是非、このあたりを使いこなして、
効率を上げていってほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました