作業できるカフェの選び方を6ポイントで解説!

雑記系

コロナの自粛も落ち着いたので、普段とは違う場所で作業したい。

テレワークになったけど、自宅だと集中できない

そんな方、増えているのではないだろうか。

そういった方には、カフェでの作業をオススメしたい。

そこで、どういった観点で選べばいいか、個人的に気にした部分を解説していこう。

本記事の内容は以下の通りだ。

  • 大前提:お店の迷惑にはならないように!
  • 作業できるカフェの選び方を6ポイントで解説!
  • 私は作業するときはほぼカフェです

これを参考に、自分の好きなカフェを選んで欲しい。

スポンサーリンク

大前提:お店の迷惑にはならないように!

そもそも、カフェは本来コーヒーを飲む場所だ。

そこで作業させていただく、という気持ちを持っておこう。

例えば…

  • 過度な長時間滞在
  • キーボードの打鍵音
  • 音楽を聴く場合、音漏れ

などには十分注意。

その他、店員さんに注意されたら、大人しく従おう。

作業できるカフェの選び方を6ポイントで解説!

早速、ポイントを見ていこう。

  1. 作業OKかどうか
  2. 環境音が気にならないかどうか
  3. 客層はどうか
  4. お手洗いはあるか
  5. 味はどうか
  6. Wi-Fiは利用可能か

作業OKかどうか

前提にも書いたが、そもそもカフェはコーヒーを飲む場所

チェーンなら大丈夫だとは思うが、個人店なんかだともしかしたら作業NGのところもあるかもしれない

事前に必ず確認しておこう。

どうやって確認するかは、他に作業している人がいるかどうかを見ればいい。

あるいは、ダイレクトに店員さんに聞いてしまおう

環境音が気にならないかどうか

豆を挽く音食器を片付ける音など、カフェには環境音が多い

そういったものが許容できる範囲かも、事前に確認しておこう。

集中するためにカフェに行くのに、その音で集中を削がれてしまっては意味がない。

あるいは、音楽を聴きながらでも問題ないという方は、そういった対策をしておこう。

客層はどうか

ここも重要なポイント。

いくらお店の環境が良くても、そこのお客さんの層によっては不適な場合がある。

例えば、大きな声で話す人が多い場所

これでもやはり集中できないと思うので、落ち着いたお客さんが多いところを選ぼう。

お手洗いはあるか

見落としがちなポイント。

いや、普通はあると思うのだが…

私が普段作業している喫茶店は、店内にお手洗いがないのだ。

ちょっと離れてしまうため、そういった場合のセキュリティ対策も必要になる。

PCを使っている場合は、ワイヤーロックをつけると安心だ。

そうでなくとも、Win+Lで画面ロックをするのは忘れずに

味はどうか

折角カフェで作業をするのだ、飲み物も楽しみたい

というわけで、飲み物の味が満足いくものかも確認しておこう。

Wi-Fiは利用可能か

PCで作業する方は必須の確認事項だろう。

Wi-Fiが無料で使えるかどうか、これも大きなポイントになる。

特に、普段Wi-Fiルータを持ち歩いていない方は是非確認をしておいてほしい。

また、持っている方でも、電波が入らない可能性があるので、そこも気を付けておこう。

私は作業するときはほぼカフェです

私の場合なのだが、作業時はほとんど必ずと言っていいほどカフェを利用している

この記事ももちろん、その他もほとんどがカフェで書いたものだ。

さすがに自粛期間中は家で書いていたが…ちょっと辛かったほど。

よく行くお店は、誰もが知ってるであろうDOUTORさん。

チェーン店だからこその安心感がある。

しかも安い

そういった意味では、DOUTORは結構オススメだ。

冒頭の繰り返しになるが、マナーを守りつつ利用してほしい

まとめ:カフェで効率のいい作業を

最後になるが、ポイントを再掲しておこう。

  • 作業OKかどうか
  • 環境音が気にならないかどうか
  • 客層はどうか
  • お手洗いはあるか
  • 味はどうか
  • Wi-Fiは利用可能か

慣れればかなり集中できる環境になるので、特にブログを書いている方なんかにはオススメしたい。

テレワークの場合でも、会社がOKしているのであれば、セキュリティに十分の注意を払いながら作業しよう。

自粛も終わり、再び通えるようになったと思うので、常識の範囲内で活用していこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました