新しいことを始める難しさと開始・継続のためのステップを考えてみた

最近、ネット上でビジネスだったり、アフィリエイトだったりと、私のTwitterにおけるフォロワーさんがとても頑張っていらっしゃる。

それに倣って…というわけではないが、なぜかそういった方の多くが推している「筋トレ」をふとやってみようと思い、昨日から開始した。もう何年もまともな運動をしていなかったせいで、腕立て伏せが11回で限界だったのにはかなり衝撃を受けた。いや、そんなことはどうでもいい。

このように勢いだけで始めても、恐らく今日にはもうやっていない。そう、続かないのだ。それ以前に昨日始められたことに自分で驚いている。なぜだろうか。

今回は、そんな「新しいことを始める難しさ」について書いてみようと思う。そして、同時に「どうやったら始めて、さらに継続できるか」も考えていく。

「考えていく」と書いたが、過去の私自身の経験から「こうすればいいのではないか」ということをまとめていく。反論等あればコメントで教えて欲しい。検討・修正する。

スポンサーリンク

なぜ新しいことに手を出しづらい、継続できないのか

あなたには、何か新しく始めようと思っていることはあるだろうか。まずは、自由に思い浮かべて欲しい。新しい習い事?ビジネス?趣味?本当になんでもいい。「これができたらいいなぁ」と思うことだ。

思い浮かべたら、続きを読んでほしい。少し間を挟もう。

思い浮かべただろうか。ここで無いという人は…頼む、なんか思い浮かべてくれ。でないと話が進まない。

このとき、あなたはそれをやることのメリットを考えているだろう。例えば楽器だったら「ヴァイオリン弾けたらかっこいいだろうな」とか、ビジネスなら「お金が手に入る」とかだ。

で、同時に「でもな…」と思っているのではないだろうか。上で挙げた例なら、楽器は「練習する場所なんてないし、楽器自体も高い」とか、ビジネスなら「大変そうだし、普段の仕事が大変でそんなことしてる時間ないよ」とかになるだろう。

この「でもな」が、新しいことを始める際のストッパーになっている。当たり前のことだが、これを認識しておいてほしい。このストッパーは、最初は始めれた場合でも次は継続のときに立ちはだかってくる。そのため、最初に処理してしまおう。

そのストッパー、本当にそう?

さて、ストッパーになっている内容をリストアップしてみよう。私の実例を出すと、ちょうど始めた筋トレでいいだろう。私の考える筋トレのストッパーは以下の通りだ。

  • 大変そう
  • 疲れる
  • 忘れそう
  • すぐ効果でなさそう
  • やって何になるの?
  • 効率的な方法知らない

ざっと挙げただけでこんなにある。 これではやり始めたとしても続かないだろう。 なんか重複している部分がある気がするが…まあ気にしないでくれ。

では、これは私自身に対しての問いかけでもあるのだが…あなたに聞こう。

なぜやってもないのにそう思った?

この質問が、ストッパーを解除する鍵に繋がる。

ストッパーを解除する鍵

始める前は、その対象について知らないことが多いだろう。だから、慎重になるのは当然だ。しかし、この慎重さがストッパーになっている。

これを解除するためには、矛盾しているようだが本来は「実際にやってみる」のが一番効率がいい。なぜか、説明しよう。

上で、「なぜやってもないのにそう思った?」という質問を投げかけた。これに完璧に答えられる人はそんなにいないだろう。そう、まだやってないことなんて考えても分かるわけがないのである。その状態で悩み続けることが一番の時間の無駄だ。だから、まずはやってみるのがいい。

ヴァイオリンなら、「高そう」というストッパーに対して、「初心者向けの1万円程度で買えるセットがある」し、場所に関しては「電子ヴァイオリン」という音が小さいものもある。これならアパートの一室で弾いても大丈夫なくらいの音量だ。…なんでそんなに詳しいかって?一回買ったことがあるからだ。買って、実際にやった上でやめた。

まあ、実際に買わなくても、ここら辺は調べればわかる。その「調べる」という行為さえストッパーは止めてしまうのが怖い。

始める、続けるためのステップ

とはいえ、いきなり何も考えず始めろと無責任なことも言えない。そこで、私なりに考えた「始めるため、続けるためのステップ」を紹介する。

ステップ1:各ストッパーの理由を探す

まず、上でリストアップしたストッパーについて、それぞれ「なぜそう思ったか」を考えてみよう。これは本当にすぐやった方がいい。私の筋トレの例で理由を書いてみよう。

  • 大変そう
     ⇒筋トレは重労働
  • 疲れる
     ⇒上に同じ
  • 忘れそう
     ⇒自分が忘れっぽいから
  • すぐ効果でなさそう
     ⇒数週間でやっと効果が出るって聞いたことがある
  • やって何になるの?
     ⇒別に運動できなくてもいいじゃん
  • 効率的な方法知らない
     ⇒とりあえず腕立て腹筋スクワットくらいしか知らない

こんなものか。あなたも、なぜそのストッパーを挙げたか、リストに追加できただろうか。

それができたら、いったん放置しよう。できれば1時間くらい空けた方がいいが、すぐ始めたいものであれば5分それについて考えないだけでもいい。とにかく、頭をリセットすることが大事。

…と書いたが、すぐ始めたいならもうやっているであろう。多分1時間くらい空けることになる。

ステップ2:反論・対策を調べる、考える

さて、頭の中をリセットできただろうか。そうしたら、もう一度リストを見て欲しい。一度リセットしたのは、リストを客観的に見たいからだ。

友人などに「相談がある…」と神妙な面持ちで言われ、何かと覚悟したらとても些細なことだった、なんて経験はないだろうか。このように、自分のことだと過度に心配したり、不安になったりしてしまいやすい

だから、自分ではなく、友人が書いたというつもりでリストを見直してみよう。そして、それぞれの内容に反論や対策を書き加える。このときに、できるだけポジティブな内容にするといい。これ以降、このリストを「対策リスト」と呼ぶことにする。

私の例では、以下のようにした。

  • 大変そう
     ⇒筋トレは重労働:当たり前じゃん
  • 疲れる
     ⇒上に同じ:上に同じ
  • 忘れそう
     ⇒自分が忘れっぽいから:リマインダとか設定したら?
  • すぐ効果でなさそう
     ⇒数週間でやっと効果が出るって聞いたことがある:当たり前z(ry
  • やって何になるの?
     ⇒別に運動できなくてもいいじゃん:運動できた方がモテるんじゃない?
  • 効率的な方法知らない
     ⇒とりあえず腕立て腹筋スクワットくらいしか知らない:調べればよくない…?

…完全でなくてもいい。いや、私が完璧な反論ができなかったからじゃない。

でも、ここまで来ればだいぶ抵抗は抜けるのではないだろうか。私の場合、6つのストッパーが3つにまで減った。筋トレ程度であれば、こんなストッパーは蹴り倒せるレベルになる。

このように、否定的な感情より肯定的な感情を強めるのがポイント。そういった意味では、最初に考えたメリットを思い返すのもいい。あとは、これを実際に「やってみようかな」と思えるレベルまで書けばいい。そうすれば、チャレンジができるようになる。

ここで、「いや、それでもやっぱり…」と思う場合については、改めて「本当にそれがしたいのか?」と考えてみよう。どれだけ考えても否定的な感情が勝っているのであれば、恐らくそれはやりたくないことなのだろう。本当に自分がやりたいことの振り分けもできる。

ステップ3:目標を設定し、始める

さあ、「やってみようかな」と思ったら、その時に始めよう。ここまで読んでくださっている方は、そもそも始めることに抵抗がある方だろう。後にするとその前向きな気持ちを忘れてストッパーが再度立ちはだかり、絶対にやらない思い立ったが吉日ってやつだ。

そして、始めるからには目標を決めておこう。できるだけ定量的なものがいい。なぜかというと、目標を決めないと迷走してしまうからだ。目的地を定めずに旅行するイメージを持ってもらえればいいだろう。趣味でそれ自体を楽しむならいいが、折角なら目標を決めてそれに進んでいきたい。

目標を決める理由はもう一つある。それは、今何をするかが判断しやすいからだ。最終的な目標があることで、そこに向かうためには何をすればいいか、考えるようになる。このあたりはまた別記事で書くつもりなので、ここでは詳細は触れない。

私も筋トレは昨日思い立って、昨日始めた。目標は「腕立て伏せが連続50回を軽くこなせる」こと。ちょうどここの段階だ。

ステップ4:続ける

さて、そのまま続けることができればいいのだが、人間は忘れる生き物である。折角始めても、次の日にはもう忘れて、そのままやめてしまうなんてこともあるだろう。

そこで、必ず見るものにメモを残しておこう。やった初日に、「明日は〇時にこれをやる!」といった感じだ。携帯の通知機能なんかがいいかもしれない。そして、それを見たタイミングでそれが実行できたら、同じようにまた次のタイミングを気づけるようにする。これを繰り返すだけで継続できる。3週間もすれば、それが体に「習慣」として身に付くので、山場を越えたことになるだろう。

…なんて簡単な話でもないのは分かっている。たいていは、リマインドを見て「あー…まあ明日でいっか」となり、そのままやらなくなる。この対策を書いていこう。

ステップ4-1:なぜ続かないかを考える

「昨日はやる気だったのに、今日はやる気が出ない…」となったら、まずはなぜやる気が出ないのかを考えてみよう。面倒なのか、やる時間がないのか、そもそもそれ自体やりたくなくなったのか。

ここで、「折角決めたんだから」と無理にやってはいけない。否定的な感情のまま取り組むと、大きなストレスになる。

ステップ4-2:それに対する反論を考える

上でやった、「対策リスト」を作るときと同じだ。ちょっと間をおいて、前の項目で考えた理由に反論してみよう続けたいと思っているなら、反論が出てくるはずだ

このときも、できるだけポジティブな内容で。理由は、次の内容に繋げたいからだ。

ステップ4-3:最終的にどうなりたいかを思い出す

反論が出てきたら、そのまま継続している自分をイメージしよう。そして、そのまま継続した先…最終的に自分がなりたい像をイメージする。最初に決めた、目標だ。

目標を再確認すれば、そこに向かえばいい…つまり、今目の前のことをすればいいとなる。これで、最初よりはやる気になっているのではないだろうか。

まとめ

いかがだっただろうか。冒頭にも書いたが、私自身の過去の経験も踏まえ、今の自分ならこうする、といったものをまとめさせてもらった。二度目になるが、思い立ったが吉日だ。

本文中にもさらっと書いたが、人間は習慣化するためには3週間必要だと聞いたことがある。そこさえクリアしてしまえば、やることが当たり前の状態になっているので、苦でも何でもないだろう。

この機会に、いつかやってみたかったことを、今始めてみてはいかがだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました