バレンタイン後の関門を夏までに突破する方法

本日は2月14日。バレンタインデーだ。

世の男性は浮足立っているだろう。

あなたは、いくつのチョコを貰えただろうか。

私?聞くな。あれ、涙が…

さて、こんなさっきもやった鉄板ネタはいいとして…

バレンタインが終わると、どうなるだろうか。

特に、チョコを貰った男性諸君

…そのままだと、太るぞ。

スポンサーリンク

なんでそんなこと言うんだよ

と思われるかもしれない。

まあ、実際はホワイトデーもあるわけだし、その際はお返しをもらった女性も対象になるのだが。

お菓子を貰うと食べるだろう?

お菓子を食べると太るだろう?

つまり、そういうことだ。

そのままだと、夏、痛い目にあいかねない

そのためにも、今つけてしまった脂肪は今から落としてしまおう

まだ夏まで期間あるじゃん…

と思ったあなた。そう、あなただ。

上の文章を読んでこう思ったあなたは、絶対夏直前まで対策をしない

去年もそうだったんじゃないか?直前になって、「あ、やばい…」ってなって、大慌てでダイエット。

そんなの、つらいだろう。

だったら、今から少しずつやって、夏までに減らしていけばいいその方が楽だ。

じゃあどうすればいいんだよ

私が実際にやっていることを紹介しよう。

前提としては、一日ある程度以上の距離を歩くこと。これだけ。

多くの人は通勤で歩くだろうし、車移動だとしても社内で8時間ずっと座りっぱなし…なんてことはないだろう。

とにかく、歩く場面ならいつでも、どこでもできるお手軽な方法だ。

内容は簡単。歩く歩幅を広げよう大股で歩くのだ

え、それだけ?」と思われるかもしれないが、これにはしっかりと理由がある

これを説明するために、まずは人間の筋肉について説明をしていこう。

人間の筋肉

そもそも、人間の筋肉は2種類ある。

白筋(速筋)と、赤筋(遅筋)の二つだ。

白筋は、主に瞬発的な力を発揮する筋肉で、燃料として糖質を使用する

それに対し、赤筋は、主に持久的な力を発揮する筋肉。こちらは、脂肪を燃料にしている

この時点で、ダイエットにはどちらを鍛えればいいか、お分かりだろう赤筋だ。

更に、白筋は鍛えるといわゆるマッチョのように、見た目にも筋肉がついたような感じになる。ただ痩せたいのであれば、そこまでする必要はない。

逆に、赤筋は鍛えても太くなりにくい。そのため、スリムな体形を目指すためには、赤筋を鍛えた方がいいのだ。

なぜ大股で歩く?

まず、歩くこと(ウォーキング)は赤筋を使用する

歩くときは、継続して一定の力を使い続けるこれが、まさに赤筋の鍛え方なのだ

ちなみに、白筋を鍛えるときは瞬発的な高負荷をかけてあげるといい。マッチョを目指すには、この方法はあまり向かない。高負荷な筋トレなどをしてくれ。

次に、普段の歩行では使っていない筋肉も使うことができるから

より多くの筋肉を同時に鍛えることができるのだ。

また、大股で歩くことを意識すればいいだけなので、非常にお手軽だ。

会社の行き帰りだけでも、違いは出てくるだろう。

その他のメリット

これは、食事制限などにより無理やり脂肪を減らすのではなく、消費量を増やすダイエットだ。

つまり、食べる量を増やさない限り失敗しにくい

また、後でも書くが、慣れてきたら無意識にできるものなので、ダイエットをしている、という感覚すら薄れていく

つまり、他にもいい方法があれば、組み合わせることでより大きな効果を期待できるようになるのだ。

最初の関門を潜り抜けたら

さあ、まずは大股で歩くことを3週間継続しよう。

人間、3週間も同じことをすれば習慣になり、勝手にできるようになる。そこまでの辛抱だ。

他のダイエットをするにしても、この3週間は待った方がいいだろう。今から始めれば夏まで時間の余裕はある

で、これが定着したら、次の段階、という風に進んでいけばいいのだ。

参考までに

私の例を書こう。

私は、元々太りやすい体質だった。小学校の頃はクラスで一番太っていた。

しかし、今は身長174cm、体重57kgを維持している。食べる量も人並みだ。

やったこととしてはっきり覚えているのは、上に書いた「大股で歩く」だけ。他には何もしていない。むしろ、今まで運動というものが苦手で、全然してこなかったのだ。

それでも、この体形をキープできている。この方法は案外侮れないだろう。

まとめ

チョコを食べる瞬間は非常に幸せだ。

しかし、そのあとは避けては通れない「ダイエット」という名の試練が待っている

これを楽々と乗り切り、夏を謳歌するのか。

それとも、怠惰に過ごし、夏前に苦労するのか。

それは、今のあなたにかかっている

折角のチャンスだ。もしよかったら、今日から少し歩幅を広げてみてはいかがだろうか。

コメント

  1. […] 先日、バレンタインデーの記事で「痩せよう」みたいなことを書いた。 […]

タイトルとURLをコピーしました