【きのこの山、たけのこの里】どちらが好みか本気で考えてみた

思考系

先日、ふと「甘いものが食べたい」と思って、コンビニのお菓子コーナーを見ていた。

そのとき、二つのお菓子が目に入った。

きのこの山」と、「たけのこの里」。

このどちらが好きかという議論…「きのこたけのこ戦争」は、非常に活発に行われている。公式でも総選挙をやっているほどだ。

しかし、私は今まで「別にどっちでもよくない?」と思っていた。

これはいけない。はっきりさせなくては。

というわけで、今回はこの二つのお菓子を実際に食べて、どちらが好きかを考えていこうと思う。

スポンサーリンク

はじめに

「きのこの山」と「たけのこの里」

説明するまでもないかもしれないが…これらは、両方とも明治が出しているお菓子だ。

コンビニなどでも非常に手軽に購入できる。

きのこたけのこ戦争

昨今、ネット上でも非常に活発な議論が行われている。

見たことがある人も、この議論に参加されている人も多いだろう。

公式も総選挙を行っているくらいだ。…と思っていたら、まさかのWikipedia記事まであった

きのこたけのこ戦争 - Wikipedia

ここまでとは思わなかった…

まずは食べてみた

というわけで、早速コンビニで両方購入し、食べてみた。

たけのこの里

先に食べたのはたけのこの里だ。

たけのこを模した形。上がチョコで、土台部分はビスケット生地だ。

まずは食べやすさの観点から。これは…まあ普通だ。

で、食べた感想。

見た目ではかなりチョコが多そうに見えるが、実際はビスケット生地が中で山のようになっており、そこにチョコがかかっている形

というわけで、見た目ほどチョコが多くない。「思っていたほどくどくないな」というのが第一印象。

そして、ビスケット生地が非常にサクサクしていて、食感も楽しい。こんなところだろうか。

5段階評価で、これらを出しておこう。

  • 食べやすさ:★★★☆☆
  • 味:★★★★★
  • 食感:★★★★☆

さて、本気で判定していきたいので、もう二つ観点を付け加えよう

入っている総量と、カロリーだ。というわけで、裏面の説明を見てみる。

内容量は70g、カロリーは少し見えづらくて申し訳ないが、383kcalだそうだ。

きのこの山

次に、きのこの山

こちらも名前の通り、きのこを模した形になっている。傘の部分がチョコレートで、柄の部分がクラッカー生地だ。

食べやすさは、クラッカー部分が持ち手のようにつまめるので、非常に食べやすい。この観点ではきのこが優勢だろう。

食べた感想だが、まず思ったのはその食感

クラッカー生地が予想以上に歯ごたえがある。サクサクというより、もうザクザクだ。個人的にはちょっと主張しすぎか…

で、たけのこよりもチョコレート部分が塊になっているので、その味がダイレクトに来る

甘いのが好きなのでそういう意味ではいいが、食べ続けているとちょっとくどく感じることもあるだろう。

というわけで、5段階評価だ。

  • 食べやすさ:★★★★★
  • 味:★★★★☆
  • 食感:★★★☆☆

そして、こちらも内容量カロリーを見てみる。

内容量は74g、カロリーは423kcalだ。

現時点の評価まとめ

さて、二つを食べ比べた結果をまとめておこう。

観点きのこの山たけのこの里
食べやすさ★★★★★★★★☆☆
★★★★☆★★★★★
食感★★★☆☆★★★★☆
総容量74g70g
カロリー423kcal383kcal

こんな感じだ。

好みを計算してみた

ここからは、上で出した評価を、数式に当てはめて好みを計算していく。

計算する方法

まず、それぞれの評価を全て数値にしていこう。

きのこに関する評価数値を\(K(n)\)たけのこに関する評価数値を\(T(n)\)で表す。

\(n\)は、上の評価項目の上から1, 2, 3, 4, 5とする。

で、それぞれを最小値0、最大値1の数値に直していく。

上から三つは、そのまま★一つを0.2として計算していく。下二つは、大きい数字を1とした場合の割合に直そう。

これで、評価表をもう一度書き直してみる。

\(n\)\(K(n)\)\(T(n)\)
110.6
20.81
30.60.8
410.95
510.91

また、それぞれの項目に対して、どれほどそれを重視するか、という重みをつけていく。

項目\(n\)に対する重みを\(w_n\)と表すと、最終的な数値評価はそれぞれ以下の通りだ。

  • きのこの山:
    $$\sum_{n=1}^5 w_nK(n) = w_1K(1) + w_2K(2) + w_3K(3) + w_4K(4) + w_5K(5)$$
  • たけのこの里:
    $$\sum_{n=1}^5 w_nT(n) = w_1T(1) + w_2T(2) + w_3T(3) + w_4T(4) + w_5T(5)$$

この数値が大きい方が、私の好みということになる。

それでは、この重み\(w_n\)を決めていこう。

各評価に対する重みの決定

重みについて、あまり極端なものを決定してしまうと、その評価項目にしか影響されなくなってしまう

そのため、重みの範囲は\(-1 \leq w_n \leq 1\)としておく。

マイナスも入れているのは、その数値が小さい方が良い場合を考慮したためだ。

で、実際の重みだが、単純に私の好みで決めていく

まず、食べやすさ。これはある程度重視したいので、0.6としよう。

次に。これはもうその商品の魅力そのものなので、1で文句ない。

食感は、味に次ぐ重要ポイント。0.8くらいだろうか。

で、総容量。まず多い方がいいのでプラスの値になる。
ただ、別にそこまで重視しているわけではないので、0.2くらいにしておく。

最後にカロリー。これが、少なければいいポイントになる。というわけでマイナスの値
ちょっと最近体重も気にしているので、-0.5とする。

さて、この重みもつけた表を書いてみよう。

\(n\)\(w_n\)\(K(n)\)\(T(n)\)
10.610.6
210.81
30.80.60.8
40.210.95
5-0.510.91

さあ、これで準備は整った。

計算

実際に計算してみよう。

まずは、きのこの山の数値評価

$$\sum_{n=1}^5 w_nK(n) = 0.6 * 1 + 1 * 0.8 + 0.8 * 0.6 + 0.2 * 1 + (-0.5) * 1 = 1.58$$

結果は、1.58だ。

次に、たけのこの里の数値評価

$$\sum_{n=1}^5 w_nT(n) = 0.6 * 0.6 + 1 * 1 + 0.8 * 0.8 + 0.2 * 0.95 + (-0.5) * 0.91 = 1.735$$

こちらは1.735という結果になった。

というわけで、結論が出た。私は、「たけのこの里」派だ。

ちなみに、食べたときの直感もたけのこだった。計算する必要はあったのだろうか

まとめ

どっちもおいしいからいいじゃん」とか考えてたが、計算してみたらはっきりたけのこ派だと分かった。

これからも、たけのこの里を買ってみようと思う。

なお、この評価方法で他にも色々なものの好みを数値化できる。

迷ったら、是非計算してみよう。

今回紹介した商品

コメント

タイトルとURLをコピーしました