2021-12

論理回路で電卓を作ろう

電卓ができるまで 第7回:同期・非同期

色々と問題点があった非同期フリップフロップ。その問題点を解決するために、同期フリップフロップの概要を紹介する。正直、シミュレータで用意されていることが多いが…各手法の動作や問題点などは把握しておきたい。
論理回路で電卓を作ろう

電卓ができるまで 第6回:順序回路とフリップフロップ

電卓では、一度入力された内容を保持する必要がある。それをするため、現在の状態によっても出力が変化する順序回路を扱う。また、基本的な順序回路であるフリップフロップについても解説する。
論理回路で電卓を作ろう

電卓ができるまで 第5回:7セグメント表示と回路の簡略化

2進数の入力を10進数として表示するため、7セグメントへの変換回路を作成する。その過程で、回路を簡略化するためのカルノー図と、クワイン・マクラスキー法を解説する。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました