Switch「あつまれ どうぶつの森」をちょっとやってみた感想

紹介系

本日、親がいきなりこのソフトを買ってきた。

Amazon.co.jp: あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版: ゲーム
Amazon.co.jp: あつまれ どうぶつの森|オンラインコード版: ゲーム

どうぶつの森である。

あ、Amazonリンクはダウンロード版だが、買ってきたと書いた通り私が持っているのはパッケージ版だ。

ちなみに、今ネットではこのパッケージ版だったりハード本体買わないことをオススメする。

理由は…各自で調べて値段を見て欲しい。

とまあそんなことはさておき。

どうぶつの森だ。

実は、このシリーズは初めてやるので、一切何の知識もない

そんな私がやってみた感想を書いていこう。

念のため書いておくが、この記事は感想を書いているだけで、主観にしか基づいてない。

攻略情報等を見たい方は、別のサイトをご覧になってほしい。

スポンサーリンク

どんなゲームか

まあ、まだほんとに最初の部分しかやっていないが、恐らくこれはサンドボックスゲームだろう。

サンドボックスゲームとは、環境だけ用意されて、あとは自由に遊んでねというスタンスのゲームだ。

砂場遊びから取って、サンドボックス

有名どころだと、Minecraftとか、Terrariaとかそのあたり。

で、このどうぶつの森も同じタイプだろう。

素材を集めて道具を作り、それで虫や魚を捕まえる…辺りまでしかできていないが、ここまではそんな感じだ。

…サンドボックスゲームは、本当にやり込む人にとっては泥沼もいい所だ。

これは、自制しないと危ない未来が見える。

ざっと現状を

今の状態をちょっと書いてみよう。

どんな情報があればいいかさっぱりだが、思いつくだけ書いてみる。

  • 果物はみかん
  • 移住費用の5000マイルは支払い済み
  • 所持マイルは3350マイル
  • 所持金は25940ベル
  • 研究員(?)が明日来るらしい
  • アイテムが多すぎる(深刻)
  • どうぶつ(わかる)……?(わからない)

これくらいしか思い浮かばない。最後は状態ですらない

そもそも攻略等を一切見ていないので、進め方が合ってるか…いや、そもそも進め方なるものが存在するかも分からない

とはいえ、サンドボックスゲームなんて大体そんなもんというか、その自由さを楽しむものなので、そこは一切気にしていない。

で、今は木の枝を拾って網と釣り竿を作りつつ虫と魚を捕まえて売ってを繰り返している。

要するに金稼ぎだ。あって損はないだろう。

同時に草むしりなどでマイルも貯めようとしている。

これもあった方がいいはずだ。

今後こうなるといいなぁという希望

さて、今困っていることというか、こうなったらいいなぁということを書いてみよう。

アイテム数問題

これがかなり深刻である。

どの程度深刻かというと…家の周りに持ちきれないアイテムが散乱しているレベル。

虫や魚を研究員(?)に見せようと1種類1匹ずつ取っておいてあるのだが、数が多い

なので、今後所持アイテム数が増えるか、Terrariaでいうストレージみたいなものが出てくれば嬉しいところだ。

ちなみに、段ボールがそれにあたるかと思って一度買ったのは私だけではないと思いたい。

カメラ操作

これはアイテム数に比べれば非常に些細なものだが…

私はたまにTwitterでも呟いているが、ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルドをやっている。

Amazon.co.jp: ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Nintendo Switch】|オンラインコード版: ゲーム
Amazon.co.jp: ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド【Nintendo Switch】|オンラインコード版: ゲーム

マスターモードで、ちょっと試したいことがあってそれをやっている。

初めてインパに会う時に、マスターソードを持っていったらどう反応するか見たいというだけだ。変わらない気がするが

で、話を戻して…カメラ操作なのだが、ゼルダでは上下左右を反転させている。

スティックを右に傾けたら、カメラが左に動くようなイメージ。

なぜこれをしているかというと、これでスティックを倒した方向が見えるようになるから。

こちらの方が直感的な動きになるのだ。

で、どうぶつの森では、今のところ自分のテント内でのみカメラ移動ができる

外では、上から見下ろすか、手前から奥が良く見えるようにするかの2パターンだ。

で、テント内のカメラが、スティックを倒した方向に向かってカメラが移動する。

…そう、ゼルダと逆なのだ。

本当に些細なことなのだが、これは設定できると嬉しかった

まあ場所も狭く、カメラ移動なしでも良さそうなので、そこまで深くは悩んでいない。

本当に余力があれば検討してくれると嬉しいなレベルだ。

おわりに

まあ新しいゲームがあると嬉しくなるもので、その気分そのままで書いてみた。

何がとは言わないが、最近色々と大変なことにはなっている。

しかし、だからといって自粛ばかりでも精神的にまいってしまう

たまには、こういった気晴らしもいいのではないだろうか

2020/04/05追記
まさかの日刊化をしてみた。
二日目は以下からどうぞ。

どうぶつの森での生活 二日目 | Shino’s Mind Archive

コメント

タイトルとURLをコピーしました