【ブレワイ】スタイリッシュに敵を殲滅!【Thunderclap Rush解説】

紹介系
Amazon | ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switch | ゲーム
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド - Switchがゲームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。オンラインコード版、ダウンロード版はご購入後すぐにご利用可能です。

言わずと知れた名作「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」。

ゼルダ初のオープンワールドで、すでに発売から3年以上経っている。

もうやり込んでいる方も多いだろう。

さて、本シリーズではこれまで主にRTAで使われている技を解説してきた。

しかし、今回の技はRTAで使用されているわけではない

ただ、スタイリッシュかつカッコいい技だったので、個人的に紹介したかったという理由で今回取り扱う。

その技が、TCR(Thunderclap Rush)というもの。

これは今のところ仮名らしく、正式名称が変更になったら修正しよう。

なお、いつも通りの注意点だが、これはバグ、あるいは仕様の穴を突いた技

そのため、変なことになっても自己責任でお願いしたい

また、私の操作環境は以下の通りで、ボタンの説明もこれに沿っている。

  • Switch
  • 本体接続のジョイコン
  • ジャイロあり
  • 設定によるキーコンフィグなし

他の環境は、適宜読み替えて操作してほしい。

スポンサーリンク

本編に入る前に注意

今回の内容だが、もしかしたら誤り等含まれているかもしれない

というのも、実は他の方がやっているのを見様見真似でやり、方法を探って再現したからだ。

一応ある程度の検証はしてみたが、まだ不十分の可能性もあり得るので、その点にはご了承願いたい。

…もし何か詳細を知っている方がいれば、コメントやTwitterで教えていただけると幸いだ。

TCR(Thunderclap Rush)

さて、このTCRがどんな技なのかだが…以下の動画をご覧いただきたい。

TCR例

魔物との距離が離れているが、突然ラッシュが始まり、一気に魔物の元へ距離を詰めているのが分かると思う。

これが、TCRだ。

TCRのやり方

これは原理を理解していなくとも出せるタイプなので、先にやり方を紹介しよう。

必要なものは以下。

  • 攻撃対象の魔物
  • 空中弓矢のスローモーションが出せる程度の段差
  • 攻撃する武器
  • 弓矢

なぜ段差や弓矢?と思われるかもしれないが、やり方を見ればその理由が分かると思う。

では、そのやり方を。

まず、事前準備として、攻撃対象の魔物に近づいて攻撃をさせておく。

このとき、その攻撃はジャンプ回避によるラッシュができるものである必要がある。

例えばボコブリン相手であれば、石投げではなく殴りや武器による攻撃をさせる、ということ。

また、弓矢持ちでも上手くいかないだろう。

ここで実際に回避ラッシュは発動させず、盾で防御したり走って避けたり、あるいはただ攻撃を受けてもいい。

また、できれば近くに他の魔物がいない方がいい。

これは単に邪魔されないようにするためと、後でZL注目を外してしまった場合に再注目で他のターゲットに移らないようにするためだ。

次に、段差に乗る…のだが、この時に攻撃対象をZL注目できる範囲でないといけない。

あまり離れすぎると出せないので、近くに段差があるところでやろう。

そして、対象をZL注目、ここから先はずっとZL注目を外さないように

そのまま段差からジャンプ、その直後にZRとYを同時押しする。

すると、上手くいけば弓矢のスローモーションが発生する。

これをするために、段差や弓矢が必要なのだ。

最後、そのまま着地すると唐突に回避ラッシュが発生するので、Yボタンを連打。

これで、攻撃対象に一気に近づいてラッシュ攻撃ができる。

以上で、TCRの完成だ。

ポイント:手順内の空中弓矢について

この技を使う際に気を付けておきたいポイントが、この空中弓矢だ。

手順の中で、ジャンプ直後に「ZR+Y」で空中弓矢を出している。

このとき、通常とは異なる、着地時に回避ラッシュが発生するような空中弓矢を発動させることができる。

体感だが同時押しの猶予はかなり短めで、Yが先だとスローにならず、ZRが先だと通常の空中弓矢になってしまう。

ここは要練習だろう。

この特殊なスローモーションには実は2種類あり、どちらでも着地の瞬間に回避ラッシュが発動するのでTCRは可能だ。

ただ、着地のタイミングがタイプによってずれてくるので、意識しておいた方がいい。

1種類目は、一瞬でスローが強制解除されるタイプ。

こちらはジャンプ前に武器を手に持たない状態でやると発動する。

このスローの間は何もできず、弓矢を使うこともできないので、よりダメージを稼ぎたい場合は2種類目を使うようにしよう。

その2種類目は、スローが持続するタイプ。

通常のようにキャンセルで弓矢をしまえば解除することもできるし、なんならそのスロー中に弓矢を撃つことも可能

この解除をしても、着地時の回避ラッシュは発生する。

こちらはあらかじめ武器を手に持った状態でジャンプ中にZR+Yで発動だ。

なお、どうでもいいことだが、このスロー時に何もしないとリンクが武器の代わりに矢を手に持って構えている様子を確認できる。

これら二つを動画で見比べてみよう。

まず1種類目、武器を持たずに開始するもの。

武器未所持タイプ

次に2種類目、武器を持って開始するもの。

武器所持タイプ

この違いに気を付けておきたい。

ちなみに、上の動画からも分かるかと思うが、魔物がいなくとも着地時の回避ラッシュ発動自体は可能

先に魔物がいないところでこれを練習し、感覚を掴んでおくといいだろう。

TCRの原理(※推測)

では、なぜこんなことになるのかを説明…というより、推測してみよう。

これも合っているかは分からないので、参考程度にとどめて欲しい。

まず、最初に魔物に攻撃をさせている部分。

ここで、回避ラッシュによる攻撃対象が決まり、保存されているものと思われる。

その状態で、上に書いたようにZR+Yの空中弓矢からの着地で無理やり回避ラッシュを発動させる。

すると、上で保存された対象に攻撃するため、一気に近づくのだろう。

なお、魔物に近づかなかったり、ただ近づくだけ、あるいはラッシュ発動不可の攻撃のみをさせた場合に急接近しなかったのは確認済みだ。

しかし、手順の途中で他の魔物に攻撃された場合や、後半で別の魔物を注目していた場合等にどうなるかは分からない。

それも今後検証してみて、何か分かったら追記しよう。

おわりに

今回は、TCRという技を紹介した。

わりと簡単、かつ決まるとなかなかに気持ちがいいので、よかったら練習してみてほしい。

また、私自身まだまだ検証中の状態。

何か分かったら、随時記事を更新していくことにする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました