Twitter検索テクニックをお手軽に!「高度な検索」を利用しよう!

紹介系

Twitter検索テクニックって
色々あるけど、どれも難しい…

もっと簡単にできないの?

今回は、そんなお悩みにお答えしよう。

本記事の構成は以下の通りだ。

  • 「高度な検索」ページを利用しよう
  • 慣れてきたら、テクニックを使ってみよう

そう、検索テクニックを分かりやすく使える「高度な検索」というページが存在するのだ。

今回は、そのページの使い方などを解説していく。

シノ
シノ

テクニック慣れたらでOK

まずはどんな検索ができるかを知ろう!

スポンサーリンク

「高度な検索」ページを利用しよう

早速、「高度な検索」ページを見てもらおう。

Twitterにログインした状態で、以下のリンクにアクセスしてほしい。

Twitterの高度な検索
高度な検索を利用すると、最新のニュースや世界中のイベントをいち早く見つけることができます。人気のユーザーやハッシュタグ、画像、トピックなど、思いのままに検索しましょう。

すると、以下のようなウィンドウが出てくると思う。

「高度な検索」画面

この画面を使えば、テクニックで紹介されているような検索を、わかりやすく使うことができる。

なお、通常アクセスする際は、PCなら…

  1. 何かしらのワードで検索する
  2. 画面右部の「検索フィルター」最下部、「高度な検索」をクリック

で出すことができるので、これも覚えておこう。

スマホアプリだと…私が確認した限りでは、直接リンクを叩くしか見当たらなかった。

この「高度な検索」では、主に以下のような検索ができる。

  • AND検索
  • OR検索
  • ハッシュタグ検索
  • アカウントの絞り込み
  • エンゲージメント数の絞り込み
  • 日付絞り込み

特に、アカウントエンゲージメントTwitter特有の内容だ。

これらを使って、まずはうまく検索できるようになろう。

慣れてきたら、検索テクニックを使ってみよう

上で紹介した「高度な検索」機能だが、検索を実行すると、通常の検索結果画面に移動する。

その際、入力した内容が、一行の検索コマンドとして検索欄に入力されている

それこそが、各所で紹介されている検索テクニックなのだ。

例えば、ある検索ワードで、1回以上RTされているものを検索してみよう。

最上部の「次のキーワードをすべて含む」に検索ワードを入力しておく。

そして、以下のように「リツイートの最小件数」のところに1と入力し、検索してみる。

「高度な検索」検索例

これで検索すると…

「高度な検索」検索結果例

このように、検索ワードとともに「min_retweets:1」と入力されている。

これが、最小RT数を絞るテクニックとなる。

このように、「高度な検索」で検索をしているだけで、それがどんなテクニックになるのかを知ることができる。

慣れてきたら、直接テクニックを使う方が早くなると思う。

そうなったら、テクニックを使って調べるようにしてみよう。

まとめ:「高度な検索」を活用しよう

ここまで紹介したように、「高度な検索」を利用すると細かい条件で検索ができる

それだけでなく、テクニックまで確認することができるのだ。

特に、以前バズったツイートを探すときなどにとても便利だと思う。

是非使いこなして、最終的にはテクニックを利用できるようにしていこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました